蜜源植物

この草、コセンダングサ。

黄色い花が咲いた後、トゲトゲしいタネをつける。

服にくっつくと、なかなか取れない。

昨年までの僕は、10月、11月頃のコセンダングサを見つけると、すぐに刈り取る事を意識していた。

しかし、今年は刈り取ることをやめた。

それは、黄色い花はミツバチの蜜源になっていることに気がついたからだ。

12月初旬、まだ黄色い花が咲いている時、ミツバチは蜜を集めていた。

そして、12月下旬、花が完全に枯れると、ミツバチは来なくなった。

コセンダングサを観察し、残すことで、ミツバチとの関係を知ることができた。

草をよく見ること、続けていきたい。

観察眼、磨いていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です