豊かさのかたちを考える

ReSURE(リシュア)とは

 日本の人口は急激に減少、高齢化しつつあります。
 2060年には、2.5人に1人が65歳以上を占める人口8,600万人の国になります。 同じころ全国の自治体の半数は消滅しているかもしれません。 また生涯を独身で過ごす人が既に25%に達していてこのままでは毎年20万人以上が孤独死する可能性が指摘されています。

 一方世界に目を転じると、中国、インド、アフリカ、中南米では、経済成長と共に人口爆発ともいえる現象がおきていて、世界的規模でのエネルギー、食糧、鉱物、水資源の不足がすぐそこまで来ています。

 日本の諸条件に見合った、「豊かさのかたち」を考える時期に来ています。

  • 地域単位で人、モノ、金、エネルギーが循環し、域外と交易する社会の再構築。
  • 市場を通さないで子育てや人材育成ができ、セーフティーネットがある、共助社会の再構築。
  • 地域単位の意思決定力とマーケティング力の強化。

 これらが地域の持続可能な再生(Revival of Sustainability in Regions)の鍵になると考えます。  

 ReSUREは、大都市と山間地の中間に位置する埼玉県中西部の比企地域をフィールドに、具体的なプロジェクトを実現することを通して上の仮説を実証していきたいと考えます。

プロジェクト / Projects

ReSUREのプロジェクトは、3つの「豊かさのかたち」に対応して計画されています。

  • 循環型社会
    地域単位で人、モノ、金、エネルギーが循環し、域外と交易する社会の再構築。
  • 共助社会
    市場を通さないで子育てや人材育成ができ、セーフティーネットがある、共助社会の再構築。
  • マーケティング
    地域単位の意思決定力とマーケティング力の強化。

それぞれの分野で実施/計画されているプロジェクトは次の図のとおりです。

実績 / Accomplishments

ヒキスタイルカフェ

デリカテッセン中心のカフェ・レストランです。地域のオーガニック野菜を使ったエスニックなお惣菜と豊富なサラダメニューが特徴です。

Cyclese(サイクレーゼ)

サイクレーゼは、電動アシスト付きのオシャレで快適な自転車、あるいはカワイくて走りのいいスポーツ車をレンタルして、比企の自然や暮らしの豊かさに触れていただく自転車の旅の提案です。

お問合せ / Contact

組織名 特定非営利活動法人ReSURE
設立 2011年
代表理事 岸 俊郎
活動分野 地域の持続可能性を再生し維持するために、地球環境と両立する新しい再生エネルギーの技術を普及させること。
地域主権を確立するため地域コミュニティメディアのプラットフォームを構築し、自立した市民ジャーナリストを育成すること。
また地域の生産物、生活文化、自然、歴史などの地域資源を、地産地消あるいは都市部の消費者と結びつけるマーケティングとプロモーションをサポートすることを事業目的とする。
住所 〒355-0156 埼玉県比企郡吉見町大字長谷1643-239
連絡先 080-4677-5733
E-mail info@resure.org
閲覧書類 定款等(定款、認証書コピー)
事業報告書等(事業報告書、活動計算書、貸借対照表、財産目録)